① 問診・血圧測定・血液検査

 空腹時採血を行い、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、

 肝機能異常、 貧血の有無を確認し、インスリンの値も調べます。



② 安静時心電図・脈波伝達速度(CAVI;動脈年齢)

 心疾患や不整脈を確認するため、心電図検査を実施します。




③ 形態測定(体脂肪率・内臓脂肪断面積・皮下脂肪厚・周囲径)

 部位別に、脂肪の厚さや周囲径を測ります。内臓脂肪面積のほか、

 皮下および内臓にある体脂肪量や筋量などの体組成もわかります。


                               




④ 運動負荷試験(DPBP法、乳酸閾値法、呼気ガス分析)

 運動中の血圧や心電図の変化から、個人にあった運動強度を

 決定します。脂肪を最大限に燃焼し、血圧や血糖の改善効果

 もありながら、楽にできる運動処方をつくりますので、疾患

 のある方も安全に運動できます。

 ランナーのための測定も可能です。